単身引越し苦労

引越しに関する苦労について

いずれも単身での引越しについて書こうと思いますが、業者を使って引越しをする時の苦労が、私の場合は2つ感じられました。

 

1つ目の苦労は、料金の違いについてです。

 

違いにも、2つ違いがあります。業者による違いと、量による違いです。

 

業者による違いは、見積もりを何社かとって見比べてみただけでも、倍近く違うこともありました。料金の違いには、各社ごとのルールの違いがいろいろあるので、一概に安ければいいと言い切れないのが問題です。安いだけの引っ越し業者に任せると、運んだ後の電化製品の故障にも文句が言えなかったりするからです。会社の示すプランと、料金の両方を検討して選ばないといけないと感じました。
見積もりの中で料金とサービスのバランスが一番いいと感じたのは、アート引越しセンターでした。CMでもおなじみですね。

 

量による違いは、トラックの大きさが変わるだけで一気に跳ね上がります。私は物をなかなか捨てられないたちで、引越しの時に業者の人に驚かれたほどです。単身の引っ越しなのに、一家族波の量がありました。そのせいで、小さなトラックでは収まらず、料金の高い大きなトラックを呼ばざるを得なくなりました。また、量が増えれば運ぶ人数も増やさなければいけません。普通なら2人でいいところを、3人、4人と増えるごとに人件費がかさみます。荷物は少なくしなければ、と思い、次の引っ越しの時はかなりの量を減らしました。

 

 

2つ目の苦労は、時間についてです。

 

引越しをしよう、と思ってから、いざ引っ越しが始まるまで、きちんと終えるまでにもかなりの時間がかかります。

 

複数の業者の見積もりを取ろうと思ったら、都合の付く日、時間を指定して呼んで、それぞれの対応をしなければなりませんし、業者を決定して、引っ越し日がいつになるかも、こちらだけの都合通りにはいきません。土日は大抵他の希望者と重なるし、遠方への引っ越しとなるとさらに都合がつきにくくなります。業者の都合ですが、ほかに同じ方面への引っ越し希望者がいる日に都合を合わせてもらいたいと言ってこられたこともありました。もちろんその時は運んでもらえる量が増やしてもらえたり、料金も安くしてもらえたりといういい面もありましたが、自分の都合だけで何もかもはできませんでした。

 

最初に引越し見積もり相場を知っておくことが何より重要だと感じました。

 

最後に、業者とは関係がないのですが、引っ越しをしたら、役所や銀行など、様々な登録物の変更も苦労の一つです。手続きをするだけで1週間はかかってしまうし、銀行の引き落としはさらに先の話になります。それらの手間を考えると、引っ越すこと自体が面倒になります。